<< オルファ式、暴走アルクェイドの使い方 | main | オルファ式、七夜の使用方法 >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.02 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オルファ式、リーズバイフェでの戦闘方法

 キャラ別の使い方もやっとのことで3キャラ目となりました。
今回はActress Againから新規参入のリーズバイフェ(以下リーズと呼称)です。
このキャラはまだまだ使いこなせてない感が強いので、レシピがあまり安定していません。
とりあえずは
(空AorBorC)>2A>2A>2B>2C>5C>jc>空B>空C>hjc>空B>空C>空投げ
といった感じです。
hjcがあまり安定しなかったり、最後の投げが届かなかったりすることが多いのでもう少し安定する物を考えたいと思います。
一応、きっちり入ると4000超えが期待できます。
ガードされた場合は
(空AorBorC)>2A>2A>2B>2C>5C>6B>6C>214B
で、固め&隙消ししておきます。
6Bと6Cを無くすとより安定したり、終わりのタイミングがずれることで214Bが当たったりするといった現象が期待できたりするのでその辺を考えて調節していきます。

立ち回りは空中戦かガード〜反撃差し込みで行くことが多いです。
空対空なら空Cを振り回していきます。
割と打ち勝てるのですが、攻撃が出るまでに微妙なラグがある上に判定が一瞬で、攻撃範囲も微妙にわかりづらいので注意が必要です。
空Cが当たったらそのまま上記のコンボ、ガードされたらすぐに空Bを出すと割と食らってくれたりします。
空対地の場合は、相手が遠ければ空C、真下だったりして当たらない時は空Bもしくは空A連打で対応します。
ガードの時は落ち着いてガード分けをし、少し離れて途切れた瞬間に2Bで刺すと反撃できたりします。
ひたすら壁際に追い詰められてる時は頑張って空に逃げて空A連打で反撃することが多いです。

普段はゲージ消費をあまりしないように心がけてラストアーク狙いで一発逆転を目指すのもアリかもしれません。
リーズの2Bを警戒してる相手は遠い間合いから突っ込んで攻撃してきがちなので十分にシールドチャンスがあり、ラストアークが実用的な技として機能します。
6000前後の高火力なので成功すると高確率で向こうの台から叫び声が聞こえて楽しいです。

ちなみに、今回も三日月スタイルでの話なので、半月や満月を使う際には全く役に立ちません。ご了承ください。

次回はロリコンで暗殺者な王子様の使い方をお送りする予定です。
お楽しみに♪

追伸
アーケードコントローラーだとダッシュ、バクステ、22、623、421コマンドが全くできないという罠・・・・・orz
「リバサってなぁ〜に〜? それ美味しいの〜?」 って感じです。
終わらない固めについても同上。
アーケードの筐体にPS2コントローラーの端子が付くのはいつの日になることやら……


スポンサーサイト

  • 2010.06.02 Wednesday
  • -
  • 03:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM